2007年06月19日

アメリカ 従軍慰安婦決議案委員会採択へ

こちら

 過日アメリカの新聞へ従軍慰安婦の不存在だかを訴える意見広告を日本の一部国会議員らが出したというニュースが流れていたな。それもあまり効果なく、いや採択を加速させる効果があったかも(笑)。

banner_03.gif
posted by 闘うリベラル at 23:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リベラルさん毎度です。あの広告が採択を早めたのは間違いないですね。
しかし、やることなすことバカ丸だしの面々ですなあ。何かコッチが恥ずかしくなります。
Posted by やきとり at 2007年06月20日 00:53
 やきとりさん、こんばんは。
 どこかのブログで、あの新聞広告費用が1億5千万円くらいかかったと書いてありました。もしそれが本当であるとするならば、誰が資金を出したのだ?という趣旨で書かれていましたな。
 いずれにしても新聞の全面広告ですから相当な金額でしょう。誰が出したんでしょうね。
Posted by 闘うリベラル at 2007年06月20日 02:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45327617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

緊急署名のお願い
Excerpt: 知り合いから送られてきた、署名依頼です。 小倉監禁殺人事件で死刑判決が出ている被告の女性がDV被害者だったことを考慮した判決を求めるもので、ぜひ皆さまのご協力を頂きたいと思い、転載致します。転載..
Weblog: Tomorrow is Another Happy
Tracked: 2007-06-20 11:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。