2007年04月30日

【紹介】無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ

無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ

 参考になるサイトを紹介。当ブログへTBその他を送信されているので、既に閲覧した読者もいるかと思う。
 俺とは、死刑制度の存廃・賛否についての意見を異にするが、日本における現行の無期刑の運用の実態と世間の誤解・曲解(その主たる原因はマスコミの無知な報道にあると考えるが)を憂慮し、その正確な実態を知らしめるべきであるとの共通の認識に立つものと理解している。資料・国会答弁等を基礎としてかなりしっかりとした論拠を以て無期刑の実態を詳説しているサイトである。

 なお、今回死刑執行された田中元死刑囚について、当該サイト筆者氏(youhei2007さん)は、
今回の執行、特に田中死刑囚(旧姓・宮下)への執行は、事案の重大性に鑑みれば、やむをえないものであるように思います。

と言及している。何を以て事案の重大性とされているのか判然としないが、推測するに「4府県で4人を殺害した」とされている点を他の死刑囚との比較において「事案の重大性」と捉えているのだろう。確かに、それが真実であるとすれば、今回執行された他の死刑囚の事案と比較しても「重大」と解することができる。しかしながら、彼と交流のあった精神的支援者(再審請求その他の訴訟関係の支援者ではなく、事件を反省し人間的な心の恢復を願い文通・面会をしていた人)からの話によれば、4件の事件の内2件(俺の記憶によれば)は自分はやっていない、やったことにされてしまったと語っていたそうだ。詳細な内容は知らないが、現に再審請求もなされている(棄却されて、結果今回の執行となった)。この点については、付言しておくことにする。

【関連】
獄中41年から見る刑事処遇〜無期刑の傾向を踏まえつつ〜

【TB】
死刑をやめて超長期の有期刑ではどうだろう


ラベル:死刑 無期懲役
posted by 闘うリベラル at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。