2007年02月20日

フランス 死刑廃止を憲法に明定

記事

 フランスが死刑を廃止したのが1981年。死刑廃止への道は、さほど早く無かったフランスだが、死刑廃止は確固たるものになっているな。
 国が人の生命を絶つことを容認する死刑なる制度を存置する野蛮国が、地球上から一刻も早く無くなることを願い且つ行動するものである。

【関連】
フランス憲法へ死刑廃止明文化を提案へ

【TB】
フランス「死刑廃止」を憲法に書き込み、日本では確定死刑囚100人に
2007年フランス、「改憲」の瞬間 (死刑廃止)
議員連と法相が会見

 「死刑問題特報室」というサイトは死刑問題を扱うものとして大変参考になる。但し、標準フォントが小さいことが、眼の老化の進む俺には辛いのだが。フォントサイズを大きめに設定して頂けないものだろうか。


posted by 闘うリベラル at 23:12| Comment(0) | TrackBack(4) | 刑事政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「100」と「憲法」と「死刑囚」
Excerpt: 「100」つながりです。あんまり意味はありませんが。 1689年 イギリスの権利の章典(=立憲王政の誕生)    ↓ ちょうど100年 1789年 フランスの人権宣言(=立憲君主制の..
Weblog: 津久井進の弁護士ノート(ブログ)
Tracked: 2007-02-21 22:22

2007年フランス、「改憲」の瞬間 (死刑廃止)
Excerpt: 2007年2月19日、フランスの「改憲」の瞬間です。この「改憲」自体は以前からの予定であり、特に目新しいハプニングがあったわけではありませんが、フランスの議会でどのように採決され、それがどのように報道..
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2007-02-21 22:29

「裁判員制度」は絶対に駄目と確信
Excerpt: 犯罪被害者の法廷参加も認められた中で、2009年から導入される「裁判員制度」。もし自分が裁判員に選ばれたら、被害者の家族を前にして、正しい判断を下せるか・・・全く自信がない。不幸にも裁判員に選ばれたら..
Weblog: 競艇場から見た風景
Tracked: 2007-02-22 16:18

手っ取り早い厳罰化 (被害者遺族の心情を考慮して。は本当か)
Excerpt: 世界に名だたる人権後進国。逆行街道まっしぐらのニッポンよどこへいく。しっかりするんだジョー!追加キャンペーン! とそこへこんなニュース。                しっかりね。 死刑..
Weblog: 言ノ葉工房
Tracked: 2007-02-23 13:14

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。