2006年12月03日

住基ネット違憲判決の大阪高裁判事自殺

記事

 先の住民基本台帳ネットワークに関する違憲判決を下した判事が自殺との報道が流れている。何が自殺の原因かは不明であるが、違憲判決を下すことへの有形無形の圧力があったのではないかとの推測をしないではいられない。
 合掌。

【TB】
住基ネットに反対する判事は暗殺しちゃえ!


posted by 闘うリベラル at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

住基ネットに反対する判事は暗殺しちゃえ!
Excerpt: 竹中大阪高裁判事:首つり自殺か 「住基ネット違憲」判決(毎日新聞)2006年12月3日 20時39分3日午前9時5分ごろ、兵庫県宝塚市山本台1、大阪高裁民事7部総括判事、竹中省吾さん(64)の妻(59..
Weblog: 謙遜と謙譲の音楽
Tracked: 2006-12-03 22:48

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。