2004年06月19日

いまこそ憲法とその理念を学び考える

「結局のところ、戦争というものは、常にその時々の権力者の利益の擁護、拡大を図ることを目的として行われてきました。そして、民衆は常に戦争の被害を受けてきたのであり、この事実はずっと変わっておりません。」

引用元:『いまこそ憲法とその理念を学び考える』浦部法穂 株式会社法学館憲法研究所 編集・発行 300円(税込)


posted by 闘うリベラル at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。