2009年03月03日

『おくりびと』

 3月1日(日)は、"映画の日"の為、1000円で映画を観ることができる。ここを狙って『おくりびと』を観て来た。アカデミー賞を獲った後でもあるし、日曜日で且つ1000円で映画を観られるので、きっと混むだろうと予想して、朝1番の上映に出掛けた。自分では早く行ったつもりだったのが、既に満員に近かった。結局前の方の席になってしまい、観る位置としてはやや悪し。
 歳をとって涙もろくなったせいで、死者を送る場面でしばしば落涙してしまった。山崎努と笹野高史がいいねえ。余貴美子は好きなのだが、あの映画の中ではそれ程強い印象や存在感を感じなかった。
 ロケ地に観光客が結構来ているそうな。あの銭湯へ行ってみたい気がするなあ。
posted by 闘うリベラル at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115092133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。