2008年12月21日

2009年1月18日(日) 袴田巌さん再審支援集会

静岡地裁で1日も早い再審開始を! 1月18日は清水集会へ!

 日時:2009年1月18日(日) 午後1時半〜4時
 場所:清水テルサ(JR清水駅東口徒歩5分) 6階研修室
 報告:袴田弁護団
 ゲスト:布川事件 冤罪被害者 杉山卓男さん
 訴え:姉・袴田秀子さん
 報告:最高裁棄却以降の活動について(事務局)

 主催:袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会
posted by 闘うリベラル at 08:42| Comment(5) | TrackBack(1) | 袴田事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ふりだし」に戻ってしまったあの時以来、私個人的にはずーっとションボリしたままでしたが、それでも諦めずに正しいことを主張していく「袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会」の姿勢には、逆にコチラが励まされる思いです。

そもそも「謝罪する文化」のない日本人は"民度"の低い人種なんですが(笑)、権威の上にアグラをかいて知らん顔してる連中に、キチンと過去の過ちを認めさせなきゃ、ホントーにお先真っ暗ですよ(苦笑)。
Posted by やきとり at 2008年12月22日 00:37
 やきとりさん、こんばんは。
 誤りが発生したら、それを認め正すというまっとうなことが機能する社会にしたいものですな。
Posted by 闘うリベラル at 2008年12月23日 19:25
リベラルさん、
ご挨拶が遅れて申し訳ございません。

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

Tシャツ、今年も1枚買います。
微力ではありますが、私も闘います。
Posted by JUNK at 2009年01月10日 17:28
 JUNK殿、こちらこそ宜しくお願いします。
 お互いに、何とか生存を確保しつつ、しぶとい闘いを続けましょう。
Posted by 闘うリベラル at 2009年01月12日 10:36
冤罪の恐ろしさ。
捜査機関の「取調べ」を根本から見直さないと
もうどうしようもない。
偏見や先入観で調書巻かれ、流れ作業の裁判で
有罪。
44年目に入った袴田さん、本当にかわいそうで、
当時の静岡県警の取調べ担当者はどういう気持ちで
いる(いた)んだろう。

即刻、再審を、無罪判決を…。
Posted by 静岡人 at 2009年10月08日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111494915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バレンタイン国賠訴訟
Excerpt: 〜あるひとりの在日アフリカ人が裁判で闘っています〜 なぜ、証人が外国人だと信用してもらえないのでしょうか。 なぜ、原告が外国人だと正義をもらえないのでしょうか。というのが先日わたしの入っているML..
Weblog: 漂流生活的看護記録
Tracked: 2009-01-16 04:41

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。